上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは何バトンっていうんだ?
とりあえずイタタな妄想全開です(笑)

御題『中居正広』

●道端に『中居正広』が落ちていた。
えー…!
スルーは出来ないでしょ。
だから拾うよ。持って帰るよ。
可哀想じゃん!仕方なくだよ!(必死)

●『中居正広』は実は人間ではなかった模様!
そんなオチ!??
なんだろ。小動物なのは間違いないな。

●『中居正広』が女の子(指定した人物が女の子の場合男の子)になりました。
うん。いいんじゃない?(笑)
さして違和感ありませんけど(・∀・)

●もし『中居正広』と貴女の精神が一日入れ替わったら何をする?
4人を飲みに誘う。
来てくれるのは…つよぽんくらいかなー(笑)
とにかくSMAPに逢いたいだけ!それだけ!

●『中居正広』が貴女の為に食事を作ってくれました。
奴は自分の食べたい物を作りそう。
てかレパートリーが少ないと思われる。
でも…でも!
自分の為に何かをしてくれるってだけで、たぶんぶっ飛びます。
泣いて喜びそうなワタシ(笑)

●ある日貴女が帰宅するとベッドに『中居正広』が横たわっていました。
ん…?
これは人間ではないという設定のまま!??
ごめん。あえて人間で考えるね(爆)
横たわるって危ない感じなのかな!?
すやすやと眠ってるなら…たぶんしばらく眺めてから添い寝ケテーイ(・∀・)

●記憶喪失の『中居正広』が目の前にいます。どうする?
自分の立場を理解させて上で、どさくさに紛れ、「貴方と私は恋人同士なの!」という。
はい最低ー(・∀・)
苦情は受け付けないよ(笑)
これって花男のうみちゃんみたいじゃん。

●次に回す人を指定人物付きで5人
持ってけ泥棒!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。